日生町の「牡蠣(かき)」

厳選された商品を岡山から皆様へお届けします。 日生町の「牡蠣(かき)」


江戸時代から栄えた漁港・日生町の「牡蠣(かき)」

一般に良く食用とされるのが「真牡蠣(まがき)」と呼ばれる種類です。牡蠣の仲間は多く、形状が環境によって大きく左右されるため、区分が非常に難しいとされています。その他の食用としては「マガキ科」の「岩牡蠣」や「住之江牡蠣」などの牡蠣や、「イタボガキ科」の「板甫牡蠣(イタボガキ)」「ヨーロッパヒラガキ」などがあります。

牡蠣は別名「海のミルク」とも呼ばれ、蛋白質やカルシウム、亜鉛などのミネラル類をはじめ、さまざまな栄養素が多量に含まれています。 一般的にはカキフライのような揚げものや、鍋物にして食べるほか、新鮮なものは網焼きにしたり生で食べたりしますが、半生な状態では当たる場合があるので注意が必要です。

牡蠣の歴史は古く、縄文時代にはすでに食べられていたようです。その後、室町時代には養殖も行われるようになり、日本人にはなじみ深い食材です。また、世界的にも広く食べられ、一般的に肉や魚介の生食を嫌う欧米でも、牡蠣は例外的に生食で食べられる食材として人気があります。特に、フランス料理における定番のオードブルとなってっいて、生ガキをメニューの中心に据える、オイスターバーと呼ばれるレストランまであります。

牡蠣のむき身皿盛り そんな広く愛されている牡蠣の三大産地の一つが岡山県。日本の2001年における生産高は37000トンで、内訳は広島県56.0%、宮城県15.0%、岡山県12.0%、兵庫県4.2%、岩手県4.0%、その他9.0%なっています(「漁業・養殖業生産統計年報」・むき身換算)。その岡山県の中でも良質の牡蠣が水揚げされるのが日生漁港で、江戸時代から温暖な気候に恵まれ、瀬戸内海屈指の漁港として栄え、四季を通じて豊富な魚種が取れるため、京阪神からわざわざ魚を買いに来る方々もいらっしゃいます。そんな、瀬戸内の気候に育まれた「日生町の牡蠣」をお届けします。

牡蠣の美味しい食べ方あれこれ

生食
カキの殻を、合わせ目からナイフ状のヘラを差し込み、貝柱を切断してこじ開け、身をつまみ出して食べる。生ガキとも呼ぶ。レモン汁、食酢等を使った酸味のある調味ダレを添えることもある。
網焼き
殻のままカキを網の上で焼き、殻が開いてから食べる。
カキフライ
カツレツの手法によって、生のカキに小麦粉をまぶし、溶き卵をくぐらせてからパン粉をつけて、油で揚げる。
カキの天ぷら
中国広東省などでは、厚めの衣をつけた天ぷらが好まれている。
牡蠣の土手鍋
土鍋の内側の周囲全体に味噌を厚く塗ったなかに、カキやその他の具材を入れ、味噌が溶け出してから食べる。
カキ鍋
季節の具材とともに煮る鍋料理の一つ。
カキ入り卵焼き(台湾語:傷リ仔煎 オーアチエン)
台湾や中国福建省、広東省の一部で一般的な料理で、お好み焼きのように平たく焼いてから、甘い味のたれをかけて食べる。
カキ粥(台湾語:傷リ仔粥 オーアティオッ)
台湾、広東省(特に汕頭市など)、香港などで好まれるメニューのひとつ。カキのむき身を米の粥に入れ、揚げたネギ、広東セロリ、コリアンダーなどを添えたもの。
カキスープ(台湾語:傷リ仔湯 オーアトゥン)
台湾などではショウガの味を利かせたカキのすまし汁にも人気がある。

晴富の「牡蠣」は日生町の新鮮さをそのままお届けします。

魚介類は鮮度が命。新鮮な状態を維持したままお届けします。もちろん、晴富のお届けする牡蠣はそれだけではありません。

  • 晴富がお届けする牡蠣はすべて岡山県日生町の牡蠣です
  • 日生町の牡蠣の特徴でもある、実入りのしっかりしたものをお届けします
  • 日生町の牡蠣のうち1年ものの牡蠣だけをお届けします
  • 手作業で丁寧に取り扱われた牡蠣を、保冷剤を入れた状態でお届けします

晴富の「牡蠣(かき)」は晴富が誇る品質基準に達したものだけをお届けしていますので、焼き牡蠣、鍋、フライなどでお楽しみいただけます。※殻付きの牡蠣は生食に適しません。必ず加熱を行い、中心部分まで火が通った状態でご賞味ください。




  • 晴富ネットショッピング
  • 無料カタログ請求
  • 日本通信販売協会会員
  • プライバシーマーク