晴富の「ラ・フランス」

厳選された商品を岡山から皆様へお届けします。 晴富の「ラ・フランス」


芳醇な香りとクセのある濃厚な甘さとが自慢の「ラ・フランス」

ラ・フランスは、フランス原産の洋梨で、外観は個性的ですが、大変香りが高く、濃厚な甘みと滑らかな舌触りで、上品な味わいです。

1864年に、フランスのクロード・ブラシュ(Claude Blanchet)氏が発見した品種で、1903年に農商務省農事試験場園芸試験地(静岡県)へ導入され、日本では盛んに栽培されていますが、意外にも本国フランスなどヨーロッパ各国ではほとんど生産されていません(気候が合わなかったためと言われています)。

収穫は実の固いうちに行われ、収獲直後の実は堅く甘味もなくとても食べられるようなものではありませんが、収穫後に常温で10日から2週間程度熟成されせることで、香り高く、甘みのあるラ・フランスに変わってゆきます。この間にラ・フランスの中では、デンプンが分解されて果糖、ショ糖、ブドウ糖などの糖類ができ、舌触りの滑らかさが増します。

ラ・フランスの食べ頃

一段と芳香が強くなり、赤ん坊の頬くらいの柔らかさになったときが食べごろ。冷蔵庫などで冷やすことで、熟成を止めて保存も出来ますが、一旦食べごろを迎えると一気に熟成が進み傷んでしまうので、枝に近い部分が褐色を帯び柔らかくなってから1 日程度が最も美味しくいただける目安となります。

日本では山形県、長野県が主な産地で、10月上旬〜中旬頃収穫され、11月上旬〜中旬にかけて食べ頃となります。山梨県では、珍しいラ・フランス狩り観光農園があり、収穫時期は9月下旬〜と他の産地より早めに味を楽しむことが出来ます。

晴富の「ラ・フランス」は、まさに「梨のクイーン」

見た目は無骨なラ・フランス。しかし、味は梨のクイーンと言っても良いぐらい上品で芳醇です。特に、晴富がお届けするラ・フランスは国内でも最高等級クラス。気品ある甘さと香りを存分に楽しむことが出来ます。その特徴をいくつか上げてみましょう。

  • ラ・フランスの特徴である「無骨な形」の中でも、愛嬌のある形を選別しています
  • より緻密で引き締まった果肉のラ・フランスだけをお届けしています
  • 通常のラ・フランスよりも、なめらかで、しっとりした食感にこだわりました
  • 熟したものではなく、熟す手前のものをお届けしますので、熟成中の香りを楽しめます
  • 一つ一つをしっかりと検品し、最適なタイミングでお届けしています

晴富の「ラ・フランス」は晴富が誇る品質基準に達したものだけをお届けしていますので、安心してその香りと味を楽しむことが出来ます。




  • 晴富ネットショッピング
  • 無料カタログ請求
  • 日本通信販売協会会員
  • プライバシーマーク